春の七草レンジャー 奥義 七草粥

春の七草を見つけたいなぁと野山に探索に行ってみようと思い立ちました。

ただ、現場で見つけるには、実際現場に立ったときに、そのもの自体を見知っていないと目に入ってこないもので、それを解決するには五感を使って体験が一番だなぁ、と、植えてみることに!

本来なら2月中旬~が旬なので(元々は旧暦のイベントなので自然の中で、はえそろう時期は2月過ぎ)。そんなこんなで七草、いってみれば雑草を育てるのがちょっと楽しみです。増えてくれるといいな!

七草というのは、ふるくは七種(ななくさ)種類でもあるそうです。
日本には七のつく言葉や教えも多く、

七色、七転び八起き、七夕、七つ道具、七人の侍、七変化、七福神など。。

ふと、ここで思った勝手な憶測ですが、役割や個性をもった一つ一つがくっきりとした個があって、それが集合して集合体の意味をなす。

あ! これって、こども番組で昔から今までテーマをかえ繰返し作られ続けている、あの、「なんとかレンジャー」とか、「なんとかせんたい」とか合体してパワーアップしたりする、あの考えかただ。

春の七草レンジャー、奥義、七草粥!

とかなんとか。