カタバミ

image

カタバミの葉っぱシュウサンが含まれています。
ちょっとだけかじってみると、酸っぱくて苦味を感じられます。シュウサンと言えばほうれん草。同じように湯がいてあく抜きすることができます。

世界では香草として食べてきたようですが、日本では主に解毒作用のある薬草として利用したり絞り汁を虫刺されや止血に利用してきたようです。酸っぱさはクエン酸や酒石酸からくるようで、もしかしたら疲れにも効くかも?!

日常使いとしては、シュウ酸が含まれているので、錆び落としにも使えるんです。

葉っぱをちぎってゴシゴシ

古代では鏡を磨くのに使われていたようですよ。太陽光にあてると反射光に紋様が現れる銅鏡が発見されています。卑弥呼の祭祀用の鏡磨きに使われていたのかもしれませんね。